読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過食嘔吐を克服する高校生のブログ

過食嘔吐歴2年から克服したい高校生のブログです

中3から高1前半の話し

この間は人生初の嘔吐のとこまで書きましたよね。今日はその続きです。

長いですがみてくれたら嬉しいです

 

初めて嘔吐した時、あんなに食べたのに全てチャラになった気がしてすごく幸せだった。そのおかげで気持ちが明るくなり2週間くらいは過食せずにいられましたが、そんな楽しい気持ちが切れるのは突然でまた食べることがやめられなくなった。でも吐くことに躊躇いはありました。だからこのころはまだ5回に1度くらいのペースでしたが、中3の11月ごろ2〜3日に一度のペースになった。何も言わずとも菓子パンやお菓子を買い込んでくる母なので食べるものは沢山あった。まだ私が食べ吐きしてることなど家族の誰も知らない。私の家は自営業で一階が店で二階が自宅なので廊下にあるトイレと茶の間の位置がわりと近く緊張感を持ってました。吐いてる途中に下から母が来るかも知れない、姉がトイレしに来るかもしれない…。このころは気づいてませんでしたが、多分この何も気にせず嘔吐できないところがなかなか満足して吐けない要因だったと思います。そして大晦日。毎年恒例、車で1時間半ほど離れた祖父母のとこに行くんですが私は受験のため行かず。2〜3日分の食費として1万円もらいましたが母たちが出発したその日でほとんど使い、吐いたと思います。誰かにバレる恐れがなく吐けたのはこの日が初めてですごい満足度がありすっきりした。こんな感じで中3の1月頃からさらに拍車がかかった。そんなある日、トイレ掃除をしてた母から「もしかして吐いてる?」て言われた。一瞬にして体から汗が出てきた。「は?吐いてる?そんなわけないじゃん」て調子で返したけど多分バレてましたねこの時…。なんでバレたんだろうって思って吐いた後に便器の裏見てみたら跳ね返ったものが激しく付いてて納得。笑

この日から吐いた後は便器裏も要チェックし拭くように。こんなんだったけど無事受験は合格し、春休みへ。変わらず嘔吐の日々。病んで過食して吐いてるわけなく目の前にたくさんの美味しい物があるからついつい食べる。でも太りたくないから吐く。繰り返してた。

高校入学して1週間で彼氏ができた。彼氏ができている間、よくある恋したら喉通らないとかで食欲がなかった。なかったって言ってもやっと標準の量に戻れたって感じ。付き合ってる間もちょくちょくしてたけど5日に1回とかの頻度。けど3週間で振られた、浮気だった。浮気の相手は私と同じ166センチですごくガリ。今はその子と普通に仲が良くなんでそんなに太んないの?ときいたら遺伝らしい…。まあ、当時の私は更に自分の事を責めた。166センチ57.5キロ。標準体型。失恋して食欲なくなるタイプでは無くむしろ過食するタイプな私。食べて食べて食べまくった。その分吐いた。今までは1日1回の過食嘔吐が、毎日1日3回とな体力的にも精神的にも学校に行けず、入学早々休みそこそこ進学校なためどんどん授業に置いて行かれた。久しぶりの授業に出席して何言ってるのかわからないし、溜まりに溜まった分のノートを取らなきゃいけない。更に学校を休みたくなったが、母は怒る。無理に行かされ向かった先は保健室。泣きながら入ったので養護教諭は驚いていた。過食嘔吐治したかったし、全部話した。これが間違いだった。担任には知ってもらわなきゃいけないから、と言われ担任に過食嘔吐を知られる。母にも勝手に言われる。死にたかった。辛かった。その日は早退したんだけど帰りの車で怒鳴られた。「勿体無いことすんな」「もう出てけ」「こんな子は要らない」。ほんとに親不孝だと思う。姉は私が高1のとき同じ高校に通う高3で、姉は中二あたりから学校行きたくないとかで保健室登校だった。リスカしたり。私が休んだり早退をたくさんするせいか、姉も休むようになった。平日一日中布団にいる姉妹、まとめて怒鳴られる。惨めで情けなくて常に死にたかった。