読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過食嘔吐を克服する高校生のブログ

過食嘔吐歴2年から克服したい高校生のブログです

小学生から中3までの話

すっごく長くなりますが、摂食障害になった原因などとりあえず今までのことをばーっと述べて行きたいと思います笑

最後まで見てくれたら嬉しいです

 

0〜9歳までは食に対してなにも思わずただただ食べたいものを素直に本能のまま食べていました。しかし、私の家は炊事せず夜中22時ごろに当時小1の私を連れてマクドナルドやびっくりドンキーなど外食に週四くらいで行くような家でした。家で出るご飯といえば炒飯大盛、うどん大盛…と、一品料理ばかりで2品以上並ばない食卓でした。そうして私はぽっちゃり体型になり、クラスの男子に足太いなど言われ内気な子になっていきました。それと同時に小3ながらダイエットを始めました。まずはお菓子を食べたい。だんだんパン1個だけになって、小5頃には158センチ42キロに。痩せてました。それを良くないと思った母は「ゆゆを太らす作戦」といい作りもしなかった朝ごはんを作るようになり夜ご飯も強制的に食べさせられ1週間もしないうちに45キロになった気がします…。それから私もどうでも良くなり朝からアイスを4個、パン3個、ジュース、お菓子…今思えば過食でした。それをするようになり母も気づけばまたご飯をつくらなくなりました。母がお菓子好きなこともあり家にはいつも大量のお菓子がストックされてあったのでご飯の代わりにお腹いっぱいになるまでお菓子をたべるなんてこともよくありました。それによって体重は51キロに。しかし中学では運動部に入り筋肉もついて164センチ51キロという多分人生で一番健康的な体型になりました。ハードな部活だったので菓子パン5個食べても太らず。しかし中二の春頃、父親が急逝しました。その頃からストレスのせいか食生活は変わらなくとも気づいたら55キロになってました。その日から毎日体重を気にしてはいました。部活を引退した頃には、58キロでした。筋肉が落ち54キロまでいきましたが現役時代の頃と食欲は変わらないのでどんどん太っていきました。足をくっつけた時に太ももに隙間がない、とからだんだん体型に変化が現れ毎日パニックでした。今でも覚えてます。中3の9月、受験勉強の最中、茶の間に行くとたくさんのコンビニ食がありました。今までと同様、家族分あったストックのパンやらお菓子やらを1人で食べてしまいました。今までなら部活をやっていたから変わらなかった体型も変わってきたのを自覚していた頃だったのでその時激しく食べたことを後悔しました。どうしようどうしよう、また太る、その一心からトイレに行きました。テレビで見たことあるように必死で夢中で人差し指を突っ込みました。初めてだったので少量ではありますがはけました。食べたぶんのきっと5分の1くらいの量でしたが、やり直せた気がしてすごく幸せな気持ちになりました。リセットできた気がして、ウキウキ?とにかく心がふわふわしてました。これが全ての始まりでした。

 

 

長くなったので今日はここまでにします😅

観覧ありがとうございました